熊野神社、楼門©2019 仰木一弘 wih LeicaQ熊野大社、楼門©2019 仰木一弘 wih LeicaQ

島根県の神社といえば「出雲大社」が有名ですが、松江市に鎮座する「熊野大社」は共に出雲国(現在の島根県東部)一之宮として知られています。

ご祭神の「素戔嗚尊すさのおのみこと」はこの地で初めて「火」を起こしたことから、火の発祥の神社として「日本火出初之社ひのもとひでぞめのやしろとも。

また、「素戔嗚尊すさのおのみこと」は、八岐大蛇やまたのおろちを退治したとされる人間の幸福を願うムスビの神様。

殖産興業・招福縁結・厄除けのご利益、最近では金運・玉の輿運のご利益が授かれるとして多くの参拝客が訪れています。

境内の石垣にあるハート型の石を見つけると、さらに縁結びのご利益があるとか。

神話にちなんだ「縁結びのくし」」のお守りは、丸くて可愛らしいデザインが女性に人気となっています。

 

【ご利益】殖産興業・招福縁結・厄除け・恋愛成就・金運・玉の輿運のご利益があるとされる

ご祭神「素戔嗚尊すさのおのみこと」は、神話で有名な八岐大蛇やまたのおろちから人々を救ってくださった神とされ、人間の幸福を願うムスビの神様です。

そんな「素戔嗚尊すさのおのみこと」をまつる「熊野大社」は殖産興業・招福縁結・厄除けのご利益を授かれるとして信仰されてきました。

また、八岐大蛇やまたのおろちを退治した時に、のちに妻となる「櫛稲田姫くしなだひめ」の姿を櫛に変え自分の髪にさして戦ったと伝わることから、恋愛成就のご利益があるそうです。

現在は、金運や玉の輿運にもご利益があるとして人気の神社となっています。

 

「素戔嗚尊」の妻と母をまつる摂社

素戔嗚尊すさのおのみこと」がおまつりされている本殿の両隣には、母神「伊邪那美命いざなみのみこと」をまつる「伊邪那美神社」と、最愛の妻「櫛稲田姫くしなだひめ」をまつる「稲田神社」が並びます。

「伊邪那美神社」は、もともと「熊野大社」から少し離れた「上の宮」でまつられていましたが、1908年(明治41年)に熊野村の中にあった19社の神社が合祀されたそうです。

また、境内の奥には「こう神社」が。

こちらにも「素戔嗚尊すさのおのみこと」がおまつりされているのでお参りしましょう。

お社の裏には、ご神水が湧き出ていて、いただくことができます。

 

熊野大社独特の社殿が見どころ「鑽火殿(さんかでん)」

鑽火殿さんかでん」は、毎年10月に行われる鑚火祭さんかさい」の大切な祭場になる社殿です。

屋根は茅葺かやぶきで、壁はヒノキの皮で覆われ、竹の縁がめぐらされた独自な造りは、ここでしか見ることができない貴重な建造物として大切に守られています。

また、「鑚火祭さんかさい」の神事などに使われる、神聖な火を起こすための燧臼ひきりうす燧杵ひきりきねが保管されているそうです。

ちなみにこの燧臼ひきりうす燧杵ひきりきねで、「素盞鳴尊すさのおのみこと」はこの地で初めて火を起こしたとされ、火の発祥の神社「日本火出初之社ひのもとひでぞめのやしろ」とも呼ばれています。

熊野大社が、いかに出雲地方で重要な位置づけにあるかわかりますね。

 

「上の宮跡」は熊野大社の元宮

「熊野大社」から10分ほど歩いたところに元宮の地「上の宮跡」があります。

「熊野大社」は、もともと、標高約600メートルの天狗山(熊野山)の頂上にまつられていて、中世に「上の宮」と「下の宮」に分かれていました。

「上の宮」には、伊邪那美神社、事解男ことさかお神社、速玉神社、五所神社・八所神社・久米神社がまつられ、明治時代に、これらの社は「下の宮」に合祀され現在の「熊野大社」となったそうです。

 

現在は、それらの神社の跡地に石碑やご神木があります。

この場所から少し登ると、しずくが滴り落ちている巨岩が見えてきます。

こちの水は明見水みょうけんすいと呼ばれ、洗眼すると眼病に効き、あるいは産婦がこの水を服すと母乳が満ち足りると伝わるご神水です。

よりご利益を授かりたいときには、「上の宮跡」にも訪れてはいかがでしょうか。

 

【所在地・アクセス】松江市郊外の山間に鎮座

<所在地・電話番号>

〒690-2104 島根県松江市八雲町熊野2451
TEL:0852-54-0087
FAX:0852-54-0249

 

<アクセス>

電車&バスをご利用の方:

・JR「松江駅」より一畑バスに乗車し、終点「八雲バスターミナル」にて下車(約20分)

・八雲コミュニティバスに乗り換え「熊野大社」下車(約15分)

※所要時間は、乗り換え時間も含め約50分

 

車をご利用の方:

・山陰自動車道「東出雲IC」で降りる⇒県道53号線を大東方面へ(約15分)

・出雲空港からタクシーまたはレンタカーで約40分

*無料駐車場:約100台収容

 

【ご祭神・ご由緒】火の発祥の神社とされる

【ご祭神】

伊邪那伎日真名子いざなぎのひまなこ加夫呂伎熊野大神かぶろぎくまのおおかみ 櫛御気野命 くしみけぬのみこと

こちらの長いご神名は、伊邪那岐いざなぎ伊邪那美いざなみの息子素戔嗚尊すさのおのみこと」の別名であるとされています。

伊邪那伎日真名子いざなぎのひまなご」とは「イザナギノミコトが可愛がる御子」
加夫呂伎 かぶろぎ」が「神聖なる祖神」
櫛御気野命くしみけぬのみこと」の「クシ」は「奇し」、「ミケ」は「御食」で「有り難い食物神」を意味するそうです。

 

素戔嗚尊すさのおのみこと」といえば、自然災害をもたらす魔物「八岐大蛇やまたのおろち」を退治したとされる出雲神話が有名。

人間社会を災害から救った「素戔嗚尊すさのおのみこと」の本質は、五穀豊穣や生業の発展、人々の繁栄と平和などにあるといわれています。

 

【ご由緒】

創建年代は不明ですが、その信仰の始まりは神代にさかのぼるとされています。

文献に「熊野大社」が初めて現れたのが「日本書紀」(720年)。
素戔嗚尊すさのおのみこと」と熊野大社が建つ八雲の地に関することが登場します。

「出雲國風土記」(733年)にも記され、当時は熊野山(現在の天狗山)にお社があったことがわかっているそうです。

また、延喜式神名帳えんぎしきじんみょうちょう(官社に指定されていた全国の神社一覧)」(927年)では名神大社(特別の社格が与えられた神社)に列し、「日本火出初神社ひのもとひでぞめのやしろ」とも称され、「出雲大社」と並んで出雲国の大社として崇敬されてきました。

中世には「上の宮」と「下の宮」に分かれ、明治の神社合祀で「上の宮」は「下の宮」に合祀されたそうです。

また、近代社格制度のもとで神社名が「熊野神社」となりましたが、1977年に現在の「熊野大社」に復活しました。

 

【社務所受付時間】

午前8:30 ~ 午後4:30

 

【御朱印】

・授与所にて:午前8:30 ~ 午後4:30
・御朱印代:¥300

*新型コロナウイルスの影響で流動的なため、事前に電話で確認することをおすすめします。

 

熊野大社 御朱印 by.仰木一弘

 

丸くて可愛い人気のお守り「縁結びの櫛」

八岐大蛇やまたのおろち退治の神話にちなんだ「縁結びの櫛」は、まさに縁結び・恋愛成就・
玉の輿運のご利益を願うお守り。

丸くて可愛らしいデザインは、女性の方やお土産におすすめです。

 

【主な祭礼】

鑽火祭(さんかさい)

毎年10月15日

鑽火祭さんかさい」は、全国的にも変わった神事であることで有名です。

「出雲大社」の宮司が「古伝新嘗祭こでんしんじょうさい」に使用する神聖な火をおこすための燧臼ひきりうす燧杵ひきりきねを受け取りに訪れる「亀太夫神事かめだゆうしんじ」が行われます。

「熊野大社」の神官が「出雲大社」から献上された餅のできばえについて、「去年より小さい」「形が悪い」などと、わざとケチをつけるという掛け合いを見ることができるそうです。

こちらの神事から、「出雲大社」と「熊野大社」は古い時代から近い存在であったことがわかりますね。

 

まとめ

松江市に鎮座する「熊野大社」は、古くから「出雲大社」と並ぶ出雲国一之宮として知られる由緒ある神社。

摂社には、「素盞嗚尊すさのおのみこと」の妻の「櫛稲田姫くしなだひめ」、母神「伊邪那美命いざなみのみこと」をまつり、殖産興業・招福縁結・厄除け・恋愛成就などのご利益があるとされます。

また、最近は金運や玉の輿のご利益を頂くことができる神社としても知られ、多くの参拝者が訪れています。

火の発祥の神社「日本火出初之社ひのもとひでぞめのやしろ」とも呼ばれるのは、ご祭神の「素戔嗚尊すさのおのみこと」がこの地で初めて火を起こしたことに由来しています。

その象徴となるのが、「出雲大社」の宮司が神器を受け取りに来る「鑽火祭さんかさい」。

「出雲大社」とのご縁の深い「熊野大社」へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事