まさか自分や家族は癌にかからないだろうと、漠然と思っていませんか?

本当はいつ、誰が癌や病気にかかっても不思議ではありませんよね。

癌という病気は、大昔から存在し、医学が進歩した今でもとても多くの方が亡くなっています。

そして、治療を受けながらも、不安な気持ちはなかなか消えないもの。

昔の人々は、そんな病の不安な気持ちを神様や仏様に祈ることで取り払ってきました。

そのため癌封じ、病気平癒のご利益を授かれるお寺や神社が数多く存在しています。

今回はそんな中から、全国有数のお寺を、癌封じのご祈祷、お守りなどもまとめてご紹介していきます。

(情報は新型コロナウイルスの影響で流動的なため、事前に電話で確認することをおすすめします)

【宮城県の癌封じ寺(宮城郡松島町 )】転迷山不動院開悟峯寺

不動院開悟峯寺 ©仰木一弘 wih LeicaQ

日本三景の一つ松島に鎮座する不動院開悟峯寺ふどういんかいごふじは、真言宗のお寺。

開祖の「弘法大師空海」は、人が幸せに生きていくための方法を沢山残してくれたとされます。

不動院開悟峯寺ふどういんかいごふじ」は、ご祈祷、加持かじ護摩ごま供養、かんの虫などの修法を通して、弘法大師空海の教えを説きながら実践するお寺です。

「転迷開悟」というのは、迷いを転じて悟りを開かせるという仏教が目指すもの、長く続くような幸せを目指しているそうです。

 

今ある悩みを解決していける様に、ご相談は「守本尊秘法」によって、相談に答えていただくことができます。

また、当病平癒のご祈願として、以下のような供養・ご祈願がおすすめということです。

・ご本尊の前に壇を設けて、護摩木ごまぎという特別な薪をたきながら、炎=仏の智慧によって願いが成就する事を祈る「護摩供養」を行う

・神仏のご加護を祈る儀式、また皆様の能力開発の秘法「加持」を受ける
・毎月の例祭に参列する(第一、第三日曜日の例祭にて「守本尊」様に供養する)
・長期のご病気の場合は各大祭でもご祈願する

なお、特に早く願い事を叶えたい方、周りに人がいると気が散る方などのために、その方にあわせた特別加持をお一人で受けることができるそうです。

ぜひご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

<ご利益>
当病平癒
教えを学び、実践することで転迷開悟を目指す

<ご祈祷&お守り>

<お護摩>毎日・時間は未定
・護摩木一本:300円

<お加持>火曜日・土曜日 午後2:00/3:00/4:00
・2,000円(特別加持の場合は予約制で5,000円)

・病気平癒守り:500円
・健康守り:1,000円

<御朱印>

・受付時間 :午前9:00~午後6:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字陰の浜9-1

<アクセス>

・JR東北本線をご利用の場合:松島駅から徒歩にて約15分

・JR仙石線をご利用の場合:高城町駅から徒歩にて約24分

<寺務所受付時間・連絡先>

受付時間 :午前9:00~午後6:00
(毎週木曜日休日)

・TEL:022-354-5558
・FAX:022-354-6240

<公式サイトURL>

http://tenmeikaigo.org/

 

【北海道の癌封じ寺(函館市 )】東雲山善導院

善導院 引用元:がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ

真言宗のお寺善導院ぜんどういんは、昭和26年(1951年)に開山主「小野恵晃師」が本尊大聖不動明王の霊示にを受け、本堂を建立したことが始まりとされています。

真言宗に伝わる護摩ごま修法によって、災厄・霊障に悩んでいる方たちを救うお寺として知られ、病封じ・癌封じの祈願寺として有名です。

「善導院」では、病気にご利益のある仏様として知られる「薬師如来」がまつられ、像の前で、護摩焚きによる癌封じの祈祷をしてくださいます。

 

また、ご住職が「薬師如来像」へご祈祷されている動画がホームページにアップされています。

病に苦しむ方は、この動画を見ながら何度でも一緒に祈願くださいということです。

「薬師如来像」の画像を携帯電話やスマートフォンの待ち受け画像してもご利益があるとか。

さらに、Instagramにてフォローすると、本大祭や毎月28日の護摩焚き、病封じ・癌封じ薬師如来護摩法要なども配信されるということですので、登録してみてはいかがでしょうか。

癌封じ・病封じのお守りとして授与される「薬師如来」の御神体は、二枚貝のように蓋が付き持ち運びできて、掌に収まるサイズ。

こちらは郵送していただくこともでるそうです。

 

<ご利益>

癌病封じ、病気平癒

<ご祈祷&お守り>

・理趣経祈願:10,000円
・個人祈願護摩:30,000円
・護摩木五本:1,000円

*要予約(公式サイトお申し込みフォームあり)

・癌封じ・病封じ守り:8,000円

<御朱印>

・受付時間:不在のこともあるそうなので、電話にて連絡されることをおすすめします。

・御朱印代:300円

<住所>

〒041-0834 北海道函館市東山町156-106

<アクセス>

最寄駅:JR函館駅

・函館バス60もしくは60B系統に乗車、「山の手団地」にて降車、徒歩にて約8分

・函館バス 60A系統の場合は、「第3新東山墓園」にて降車、徒歩にて約3分

・タクシーで約30分

*日中のバスの本数はかなり少ないため、事前に調べることをおすすめします。

・ 函館空港からはタクシーで約20分

<寺務所受付時間・連絡先>

*日によって対応時間が違うそうです。

・TEL: 0138-51-3093
・Mail: info@zendouin.org

<公式サイトURL>

https://www.zendouin.org/

 

【東京の癌封じ寺(江戸川区)】吉祥山江戸川不動尊唐泉寺

唐泉寺 引用元:安心葬儀

唐泉寺とうせんじは、日本唯一の「封じ護摩」の寺として、がん封じ・ぼけ封じなどに霊験あらたかとされています。

こちらのお寺は、愛娘を白血病で亡くされ世の無常を感じて出家された和尚さまが、病気を封じてくれる「大日聖不動明王」をご本尊として、昭和60年に建立されました。

ご自身も癌をわずらったそうですが、西国三十三ヶ所をハーレーで巡ったところ、癌が治ってしまったということ。

寺務所には、なんとそのサイドカー付きのハーレーが展示されています。

癌封じ寺として名高いお寺ですが、最近では、「唐泉寺」とうせんじという読み方から縁起担ぎとして、当選のお寺としても知られているそうです。

 

多くの方が購入される「がん封じカード守り」は、御札を小さくして作った、珍しいもの。

裏に名前や住所等を記載して、財布などに入れて持ち歩くことができます。

「癌封じ」の文字が力強く、お護摩の火で祈願されたお守りです。

他にも、病気の方が無事帰ってくるように、元気な姿に帰れるようにと願いを込めたお守「がん封じ・カエル守り」や、しっかり食べる事で病気を封じるという願いを込めた「封じ箸」も用意されています。

 

<ご利益>

癌封じ、ぼけ封じ

<ご祈祷&お守り>

・ご祈願料:3,000円より
・二十一日間大護摩祈願:30,000円

*電話にて要予約:午前9:00〜午後5:00

・がん癌封じカード守り:1,000円
・がん封じ・カエル守り:500円
・封じ箸:500円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後5:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩7-10-10

<アクセス>

・京成線「小岩駅北口」より徒歩10分
・北総線「新柴又駅」より徒歩15分

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00〜午後5:00

・TEL:03-3658-4192
・FAX:03-3658-4530

<公式サイトURL>

http://www.tousenji.org/

 

【神奈川県の癌封じ寺(鎌倉市】上行寺

上行寺 引用元:フォートラベル

鎌倉の癌封じのお寺としてとても有名な上行寺じょうぎょうじは、日蓮宗の寺院で、1313年に創建。

その境内には、ご本尊である「三宝祖師」のほか、「瘡守かさもり稲荷」、「身代わり鬼子母神」などがまつられ、癌はもとよりあらゆるの病を封じるとされることから、全国からご利益を授かろうと多くの方がお参りに訪れます。

ご祈祷の際には、身体の悪いところがあれば、ご利益がある「薬王経石」と呼ばれる石で、その患部をなでてくださるとか。

入院前などには、タオル等を持参するとそのタオルにも祈祷していただけるそうですよ。

また、北条政子が源頼朝のおできを治そうとお参りしたのが始まりとされ、北条氏一門の病気平癒のお寺とも伝えられています。

 

手書きの看板が数多く並べられたユニークなご本堂には、色とりどりの千羽鶴が吊るされ、一般のお寺とは少し違った雰囲気。

「上行寺」は、鎌倉にある様々な寺社の中で唯一、鎌倉市観光協会に加盟していないそうです。

ご住職さんの「ここは観光をするところではない」というという確固たる仏道への想いがあるようです。

 

<ご利益>

癌封じ、当病平癒、健康祈願、開運、水子供養など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00〜午後4:00

・ご祈祷料:志納(基本1,000円)

・薬師瘡守かさもり稲荷御守(悪病封じ):300円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後4:00
・御朱印代:300円
御朱印には「癌封じ」と書かれています。

<住所>

〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町2丁目8−17

<アクセス>

・JR鎌倉駅東口から徒歩12分
・JR鎌倉駅東口3番バス乗り場から名越方面行きで「名越」下車徒歩1分

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00〜午後5:00

・TEL:0467-22-5381

<公式サイトURL>

なし

 

【千葉県の癌封じ寺(千葉市)】平山お願い薬師東光院

東光院 引用元:青梅発フォト紀行

「東光院」は、約1,000年の歴史を持つ由緒ある真言宗のお寺です。

寺伝によると、平将門の叔父「平忠常」が人々の病気平癒を願って建立したとされています。

また、「東光院」は願い事がかなうお寺として多くの人々から「お薬師さま」、「平山お願い薬師さま」と親しまれているそうです。

ご本尊「七仏薬師如来」は、33年ごとの御開帳となり、普段は目にすることはできませんが、大医王、お薬師様と呼ばれ、医薬の守り仏として伝えられてきました。

現在では、千葉県の指定有形文化財とされています。

 

「東光院」の癌封じのスポットとされるのが、「身代わり癌封じ」と呼ばれるご霊木。

木の幹には、大きなコブがあり、こちらのコブを撫でることで、ご霊木が癌の身代わりをしてくれるとか。

病気が治るよう、心を込めて木のコブをなでてみましょう。

ご霊木の前には、参拝者の方が奉納されたたくさんの「癌封じ絵馬」がかけられています。

「癌封じ絵馬」は、一定期間経過したあと、ご祈祷しお焚きあげしていただけるそうです。

 

<ご利益>

癌封じ、学業成就、開運招福、財運隆盛、水子供養など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:土曜、日曜、祝祭日の午前11時

・ご祈祷料:5,000円より

*ご事情により行えない場合があるそうなので、事前にお電話でご確認することをおすすめします。また、平日を希望される方は、お電話でお申込みが必要です。

・負けるもんかお守:700円
・快復お守り:1,000円
・癌封じ絵馬:1,000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒266-0002 千葉県千葉市緑区平山町278

<アクセス>

■電車をご利用の方:

最寄り駅:JR外房線「鎌取駅」

・鎌取駅北口より「水砂 経由 熊野神社行き」バスにて「平山坂下」で下車、東光院の案内板に従って徒歩3~5分。

・鎌取駅北口または南口タクシー乗り場より乗車、東光院参道前で下車(約8分)
タクシー料金:約1,000円

*バスを利用する場合は、本数が少ないなので、事前に調べることをおすすめします。

■車をご利用の方:

・千葉東金道路 「大宮IC」から約5分

*無料駐車場:約20台収容

駐車場に入るまでの道が狭いため、元旦など混雑してる時はUターンが困難なので注意。

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後4:00

・TEL:043-228-0894
・FAX:043-228-0893

<公式サイトURL>

http://www.tokoin.com/

 

【新潟県の癌封じ寺(燕市)】雲高山国上寺

国上寺 引用元:気ままに☆旅の雑記帳

国上山くがみやまの中腹にある国上寺こくじょうじは、真言宗のお寺。

1300年以上の歴史を持ち、戦国武将であった上杉謙信公が霊験あらたかな観音様を信仰し、必勝祈願・戦勝祈願をされたお寺として有名です。

ご本尊は「阿弥陀如来」で、越後地域で最古のお寺ともいわれています。

 

「国上寺」では、護摩祈祷によってお祈りをしていただくことができ、護摩の炎はお不動さまの智慧を象徴し、薪は煩悩を表すとされます。

護摩の祈祷を通じて、心の迷いを炎で焼き尽くし、願望を清め、速やかに成就するよう祈念するというものです。

なんと上杉謙信公も訪れ、護摩祈祷を受けられたとか。

なお、がん封じ祈祷では、「がん封じ御祈祷」「がん平癒御祈祷」「手術成功術後回復御祈祷」「再発転移防止御祈祷」の4つの癌封じに関する祈祷をしていただくことができるそうです。

 

古いの歴史がある「国上寺」ですが、最近では、2019年に公開された「イケメン偉人空想絵巻」が話題に。

「国上寺」にゆかりのある上杉謙信に源義経、武蔵坊弁慶、良寛禅師、酒呑童子しゅてんどうじといった5人の偉人が、ご本堂の壁をぐるりと囲むように描かれています。

同じくイケメンが描かれた限定御朱印も展開され、人気となっているそうです。

 

<ご利益>

癌封じ、戦勝祈願、学業成就など

<ご祈祷&お守り>

・ご祈祷料:50,000円・100,000円・500,000円

(100,000円・500,000円のご祈祷料の方には「御祈祷済の般若心経が書かれた念珠」が授与されます)

※電話、メールにて要予約

・癌封じ守り:800円
・パワーストーン(癌封じ守り):15,000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:00
・御朱印代:300円〜500円

<住所>

〒959-0136 新潟県燕市国上1407番地

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・上越新幹線「燕三条駅」から車で30分
・JR越後線「分水駅」から車で15分

■車をご利用の方:

・北陸自動車道「中之島見附IC」から約30分

*無料駐車場 :

ビジターセンター駐車場を利用(50台)

営業時間:午前9:00~午後3:00
定休日:火曜、12~2月
TEL:0256-97-1661

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後5:00

・TEL:0256-97-3758
・FAX:0256-98-2626
・Mail:info@kokujouji.com

<公式サイトURL>

https://www.kokujouji.com/

 

【長野県の癌封じ寺(上高井郡小布施町)】雁田薬師浄光寺

浄光寺 引用元:maaru 長野小布施スポーツ自転車レンタル&カフェ

浄光寺じょうこうじは、600年以上前の室町時代初期に創建された真言宗のお寺で、がん封じの祈願寺として全国に知られています。

さらに、がん封じだけでなく、縁結びのご利益もあるとされ、「妻恋薬師」と呼ばれ、良縁を願う男女が全国から参拝に訪れるとか。

国の重要指定文化財に指定されている茅葺屋根の「薬師堂」が、風情のある雰囲気を醸し出しています。

「薬師堂」に安置されている通称お薬師さま「薬師瑠璃光如来十二神将」は、人々の寿命を延ばすことを願いとする仏様。

心の病を癒し、身体の病を治す霊験あらたかな仏として崇拝され、癌に悩む多くの人が訪れるようになったそうです。

 

「浄光寺」では、各種ご祈祷の他に、毎月第一日曜日に、その月に誕生日を迎えられる方々の息災延命を祈願する護摩修法が行われています。(護摩札・祈願料8,000円)

そんながん封じや、病気回復祈願で有名な「浄光寺」には七不思議があるとか。

「薬師堂」へ向かう石段の参道は、一見、自然石を無造作に積み上げてように見えますが、山門の所で姿勢を低くして石段を見上げると段の鼻先が一直線に揃って見えるというもの。

しかも何百年も崩れたことがないそうですから、本当に不思議ですね。

 

<ご利益>

がん封じ、厄除け、息災延命、縁結び、水子供養など

<ご祈祷&お守り>

・ご祈願料:5,000円

*各種祈願のお申込みフォーム、またはお電話にて要予約

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後5:00
・御朱印代:300円(掛け軸の場合は500円)

<住所>

〒381-0211 長野県上高井郡小布施町雁田676

<アクセス>

■車をご利用の方:

・「須坂長野東IC」より約15分
・「信州中野IC」より約10分

*無料駐車場:10台程度

■電車をご利用の方:

・JR長野駅より、長野電鉄で小布施駅下車(特急20分)
・小布施駅からタクシーまたは、町内を周遊している「おぶせ浪漫号」を利用
停留所:浄光寺駐車場(1日周遊券300円)

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後5:00

・ TEL/FAX: 026-247-3924
火曜定休(12月~3月は火曜および水曜が定休)

<公式サイトURL>

https://www.jyokoji.jp/

 

【富山県の癌封じ寺(中新川郡上市町)】 大岩山日石寺

日石寺 引用元:てっちんのブログ

日石寺にっせきじは、立山連峰の裾野にあり、725年に僧の行基が開山したと伝わる真言密宗のお寺。

古くから山岳信仰で隆盛し、江戸時代に加賀藩主「前田利常」の子宝祈願が成就したことから前田家の祈願所として発展してきました。

「大岩のお不動さん」と呼び親しまれている「日石寺」では、「不動明王」がご本尊。

病から救う力から「疫病退散の守護神」として信仰をあつめ、病気平癒のご利益があるとされています。

 

境内には国指定史跡「大岩日石寺石仏」、重要文化財「大岩日石寺磨崖仏まがいぶつをはじめ、富山県内で一番古い三重の塔や、山門、六本滝など数々の名所があり、観光スポットとしてもにぎわっています。

磨崖仏とは自然の岩壁に直接彫られた仏像ですが、ご本尊「不動明王」の磨崖仏(像高313.5cm)は、大きさ、美しさ、保存状態などから全国の中でも指折りのものとなっているそうです。

 

「日石寺」では、癌封じや病気平癒などの護摩祈祷受けることができます。

ご本尊である「不動明王」の前で護摩木や供物を燃やし、不動明王の智慧によって病気や癌が治るよう祈ってくださるというもの。

また、山岳信仰や修験道の名残をうかがわせる滝行や写仏などの修行体験も行われています。

有名なのが滝行ですが、予約すればどなたでも体験できますので、一度参加されてみてはいかがでしょうか。

滝行が行われる「六本瀧ろっぽんだき」横には、「不動明王」の岩をめぐって湧き出るご霊水「大岩の藤水」があります。

眼病平癒に効果があるとされ、定期的に水を汲みに来る方も多いそうです。

 

<ご利益>

癌封じ、病気平癒、所願成就、夫婦円満、家内安全、縁結び、子宝祈願など

<ご祈祷&お守り>

・不動明王御尊前護摩祈祷:毎月1日、27日、日曜日 午前11:00

・ご祈祷料:3,000円、5,000円、10,000円以上

*お申込は当日に寺務所にて受付。

・特別祈祷:20,000円〜(要電話予約)

・病気平癒守り:800円

<御朱印>

・受付時間:午前8:30〜午後4:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒930-0463  富山県中新川郡上市町大岩163

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・JR「富山駅」より富山地方鉄道「上市駅」下車

上市駅よりバス 約30分、タクシー 約10分

■車をご利用の方:

北陸自動車道「立山I.C」より 約15分、「滑川I.C」より約20分

*無料駐車場:100台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前8:30〜午後4:00

・TEL:076-472-4950
・FAX:076-473-2221

<公式サイトURL>

http://www.ooiwasan.com/

 

【山梨県の癌封じ寺(南巨摩郡富士川町)】栄久山妙善寺

妙善寺 引用元:青梅発フォト紀行

「妙善寺」は、戦国時代に開山されたと伝わる「身延山久遠寺みのぶさんくおんじ」を総本山とする日蓮宗のお寺。

皇室のご祈願所、徳川家康公願掛けのお寺として、秘伝祈祷とともに栄えてきた霊場です。

後水尾天皇ごみずのお」の病気平癒祈祷の勅命を受け、無事に平癒したことからガン封じ、病気平癒、開運、足腰健康などのご利益がある寺として広く知られるようになりました。

「妙善寺」でのご祈祷は、開山以来、代々ご住職に受け継がれてきた「楊枝加持やなぎかじ祈祷」という独特の秘法で行われているそうです。

また、ご祈祷に用いられていた塩は、家康公の側室・養珠院(お万の方)様より賜わった高徳の塩とか。

天皇の病気祈願に用いられたお清め塩ということから、ガン封じ・病気平癒の開運お清め塩として大変ご利益があるそうです。

特別にご祈祷されたお清め塩・盛り塩が授与されていますが、ガン封じには、ガンの箇所・肩・腰・足元にかけると良いそうです。

他にも気の浄化や、福を招くために、玄関や入口の盛り塩として、また清めたい場所や運気を上げたい時にまくのがおすすめとか。

さらに、「妙善寺」では、永代供養、水子供養、お悩み相談、占いなども行われ、
運気を試す神石「おもかる石」や、幸せを運ぶ「幸福の風車」が人気となっています。

 

<ご利益>

ガン封じ、病気平癒、開運、足腰健康、永代供養、水子供養など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9時~午後5時(お盆・年末年始のご予約受付不可)
・ご祈祷料:10,000円・20,000円・50,000円・100,000円

*電話またはメールにて要予約

・ガン封じ・病魔祓・邪気祓守:3,000円
・開運清め塩:1,000円
・開運盛り塩:2,000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:00
・御朱印代:志納

*現在は書置きとなるそうです。

<住所>

〒400-0506 山梨県南巨摩郡富士川町大椚83

<アクセス>

■車をご利用の方:

・中部横断自動車道「増穂IC」より約2分

*境内に約10台駐車スペースあり

■電車をご利用の方:

最寄り駅:JR身延線

・「市川大門駅」よりタクシーにて約5分

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00〜午後5:00

・TEL:0556-22-0789
・Mail:myozenji@eikyuzan.jp

<公式サイトURL>

http://eikyuzan.jp

 

【静岡県の癌封じ寺(袋井市)】医王山薬王院油山寺

油山寺 引用元:金沢徒然日記

油山寺ゆさんじは、今から約1300年前の701年に僧の行基によって開山された真言宗のお寺です。

当時、第46代「孝謙天皇」が眼病をわずらい、ご本尊である「薬師如来」に眼病平癒を祈願したと伝わります。

境内を流れる「るりの滝」で目を洗ったところ病気が全快したという故事から目の霊山として広く知られるようになったそうです。

その後、歴代の天皇をはじめ、今川義元公や源頼朝公など、皇室・諸大名から厚い信仰を受けたとか。

 

また、「油山寺」の守護神である「軍善坊大権現」は足腰の病に、「十一面観音」は癌封じに霊験あらたかであると伝えられるほか、様々な仏がおまつりされているため、多くのご利益が期待できるそうです。

そのため、現在も眼を守護する仏様、心の病を癒し心眼を開く「心身安楽」の仏様をおまつりするお寺として全国から多くの方がご祈祷、ご参拝に訪れています。

境内の建物には、眼病平癒や視力回復などの願掛けをした参拝者が、平癒のお礼として奉納した「め」の額をみることができます。

こちらは、硬貨の穴が瞳のように見えることから、穴の空いた硬貨を並べて「め」「目」「眼」などの文字を作った額が奉納されたもの。

古くからの習わしが、今も続いているそうです。

 

<ご利益>

眼病平癒、病気平癒など

<ご祈祷&お守り>

・護摩祈祷の時間 10:00/12:00/14:00/16:00

・ご祈祷料:

1回 3,000円
10日間毎日 5,000円
半年間毎日 10,000円
1年間毎日  20,000円
特別護摩祈祷 30,000円

*予約は、お申し込みフォーム・電話・FAX・メール・郵便のいずれかでのお申し込み。

また、諸事情で参拝できない方には、ご祈祷札を郵送していただけるそうです。

・癌封じ御守:700円
・め御守:700円
・足腰御守:700円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:30
・御朱印代:300円

<住所>

〒437-0011 静岡県袋井市村松1番地

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・JR新幹線「掛川駅」より約20分

■車をご利用の方:

・東名高速道路「袋井IC」より約15分
・新東名高速道路「森掛川IC」より約20分

*無料駐車場:約100台収容

<寺務所受付時間・連絡先>

午前7:00~午後5:00

・TEL:0538-42-3633
・FAX:0538-44-3241
・Mail:yusanji@mail.wbs.ne.jp

<公式サイトURL>

https://yusanji.jp

 

【愛知県の癌封じ寺社(蒲郡市)】無量寺

無量寺 引用元:LINEトラベルjp

全国屈指の「癌封じ寺」として有名な無量寺むりょうじは、平安時代に創建された真言宗のお寺、別称は「西浦不動」です。

ご本尊の「西浦不動」は秘仏(普段は非公開の仏像)であり、特に難病封じにご利益があるといわれています。

「無量寺」は、多くの方が観光バスの参拝ツアーで訪れるほど人気があり、参拝者の合計は年間で約50万人にものぼるとか。

駐車場からご本堂へ向かう30メートルを超す参道には、全国各地から訪れた参拝者の「癌封じの願かけ絵馬」が所狭しと納められています。

この他にも、ご本堂手前向かって右側にある「ガン封じ堂」にも、願かけ絵馬が。

壁には、内側も外側も絵馬で埋め尽くされていて、信仰の厚さがうかがえます。

絵馬には、人の形をした絵が描かれており、治したい箇所を丸で囲んで奉納するそうです。

 

また、ご住職によって毎日行われるガン予防のユニークな法話が人気

法話の時間は10分間ほどで随時無料で行われいるそうなので、参拝した際には、ぜひ聴いてみたいものですね。

そして、ご本堂での参拝後は、「千仏洞めぐり」がおすすめです。

中国の敦煌などにある石窟寺院をモデルにしたもので、壁面に配置されている1000体におよぶ石仏やガンダーラ仏、大日如来像、痔病封じ仏、中気(脳卒中)封じ仏などが参拝できます。

 

<ご利益>

ガン封じ、難病封じ、厄除けなど

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00〜午後4:00
・ご祈祷料:3,000円

・がん封じ札:1,000円
・がん封じ守:500円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後4:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒443-0105 愛知県蒲郡市西浦町日中30

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・名鉄「西浦駅」から徒歩で約5分

■車をご利用の方:

東名高速道路「音羽蒲郡IC」を出て蒲郡方面へ
岡崎からは国道248号線を南下し、蒲郡市内を通り西浦温泉方面へ(約30分)

*無料駐車場:45台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後4:00

・TEL:0533-57-3865
・FAX:0533-57-1112

<公式サイトURL>

なし

 

【三重県の癌封じ寺(志摩市)】法雨山大慈寺

大慈寺 引用元:伊勢志摩.com

大慈寺だいじじは1590年に創建、400年以上の歴史がある臨済宗のお寺です。

境内には約1,500株ものあじさいが咲き乱れる花の名所として有名で、「志摩のあじさい寺」と呼ばれ親しまれています。

また、志摩七福神霊場・四天王霊場(ガン封じ、足腰弱り止め)として信仰を集め、癌や病気との縁が深い神仏がまつられています。

ご本尊としてまつられているのは「ねがい千手観音」

こちらの「ねがい千手観音」は、先代のご住職の奥様が乳がんを発病され、観音様に祈願して平癒したことから、大慈寺のご本尊として迎え、まつられるようになったとか。

その後、91歳の長寿を全うされたことから、癌の平癒、病気平癒にご利益があるとされ、特に乳がんをわずらう方が多く参拝されているそうです。

なお「ねがい千手観音」とあわせて、中国の医薬の神とされている「神農」腫れもの封じ(癌封じ)・健康祈願の仏様としておまつりされています。

さらに、七福神「弁財天」と「布袋尊ほていそん」がまつられていますが「布袋尊」は「さすり布袋」とされ、身体の悪いところをさすると健康祈願にもなるそうですよ。

 

最近では、「志摩地方の七福神・封じ寺巡り」が人気。

「法雨山大慈寺」を含め、
「神護山仙遊寺」大黒天と毘沙門天(ぼけ封じ)
「正宝山本福寺」寿老人と福禄寿(中気封じ)
「青峯山正福寺」恵比寿神(厄災封じ)

以上の4つのお寺を巡礼することで、七福神のご利益を授かり、病気封じを祈願することができるそうです。

また、巡礼の証としての「七福神朱印色紙」、「四天王病封じ朱印色紙」などがあるので、「大慈寺」だけではなく他のお寺にも参拝してみてはいかがでしょうか。

 

<ご利益>

癌封じ、病気平癒、足腰弱り止め

<ご祈祷&お守り>

「がん封じ御守(500円)」、または「お札(2,000円)」を購入した方にご祈祷していただけるそうです。

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒517-0603 三重県志摩市大王波切409

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・「近鉄鵜方駅」から三重交通バス「御座方面行き」乗車(約20分)
「大王崎灯台」下車徒歩約1分

■車をご利用の方:

・伊勢自動車道「伊勢西IC」より約50分

*無料駐車場:約20台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後4:00

・TEL:0599-72-0089
・FAX:0599-72-0103
・Mail:info@daijiji.jp

<公式サイトURL>

http://www.daijiji.jp/

 

【岐阜県の癌封じ寺(下呂市)】金錫山地蔵寺

地蔵寺 引用元:日帰りバス旅行会社

臨済宗のお寺である地蔵寺じぞうじには、県の重要文化財に指定されている「延命地蔵願王菩薩」がご本尊としてまつられています。

こちらの本尊は、胎内に、純金の錫杖しゃくじょう(修行者が行脚あんぎゃにあたって携える杖)を持った15㎝ほどのお地蔵様(胎内仏)を秘蔵しているとか。

また、この地方では、平安時代に難病によって苦しんで亡くなる人が大勢いたそうですが、「地蔵寺」でご祈祷をすると難病におかされず、逃げ切れることが出来たと伝えられています。

このことから、体内の癌を退治する、胎内の子供を守るとされ、癌封じや子宝にご利益があるとして、多くの参拝者が訪れるようになりました。

 

境内には「地蔵寺」という名のとおり、数えきれないほどの大小様々なお地蔵さまがまつられています。

自分の病んでいる部分をさすりながらお参りするとご利益があるとされる「おさすり地蔵」、くぐると、お地蔵様の知恵が授かり厄除けができる「輪くぐり地蔵」を
はじめ、「無事帰る地蔵」「延命地蔵」「子育て地蔵」など。

また、裏山から湧く「延命の水」という、すべての願望が叶うとされるご霊水があります。

こちらの水は、内臓に関する癌などの病気に効力があり、延命長寿のご利益があるそうです。

自由にくめますので、ペットボトルに入れて持ち帰るのもおすすめです。

 

<ご利益>

癌封じ、延命長寿、子宝など

<ご祈祷&お守り>

・ご祈祷料:3000円

*申込用紙にて申し込めば当日に祈祷を受けることができますが、不在のことがあるそうなので、電話にてご連絡することをおすすめします。

・癌封じの御守:800円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後3:00(木曜定休)
・御朱印代:300円

<住所>

〒509-2314 岐阜県下呂市宮地939

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・JR高山本線で「下呂駅」下車
中津川・坂下方面行の濃飛バス乗車(約15分)
「宮地橋」下車徒歩約7分

■車をご利用の方:

・中央自動車道「中津川IC」から約40分
(国道257号線ドライブイン舞台峠より約5分)

*無料駐車場:40台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00〜午後3:00(木曜定休)

・TEL:0576-26-2611
・FAX:0576-26-3350

<公式サイトURL>

http://www.jizouji.com/

 

【京都府の癌封じ寺(京都市)】因幡堂(平等寺)

因幡堂(平等寺) 引用元:むさしの散歩日記。

平安中期に建てられた「因幡堂(平等寺)」は、1000年以上の歴史がある真言宗のお寺。

ご本尊は「薬師如来」であり、病気平癒や子授け、安産の仏様としても多くの人々に親しまれていますが、特にがん封じ祈願の参拝者が多いそうです。

というのは、かつて、癌が不治の病と思われていた時代、癌をわずらった人々の多くが最後に因幡薬師にすがったことから、現在まで、「がん封じ」の薬師如来として伝わってきているのだとか。

さらに、「薬師如来」は善光寺(長野県)の「阿弥陀如来」、清涼寺(京都府)の「釈迦如来」とともに「日本三大如来」に数えられ、重要文化財にもなっています。

 

がん封じのお守りは、一般的な袋の形のお守りと、壷の形をしたキーホルダーのようなお守りの2種類。

壷型のお守りの壷の中には薬香が入っていて、これを癌に冒されているところにすりこむということです。

また、無病息災のインコや文鳥のお守りがかわいいいと、とても人気があるとか。

「インコお守り」には、病が飛び去るように、幸せが飛んで来るように(in幸)という願いが込められているそうですよ。

お守り等を授与していただく際には、その場でひとつずつ仏様の前で祈願してくださいます。とてもありがたいですね。

遠くて買いに行けない場合は郵送していだたくことも出来るので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

<ご利益>

癌封じ、病気平癒、子授け、安産など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00~午後4:00

毎日随時予約なしで、がん封じ及び、各種ご祈祷していただくことができます。

土、日、祝祭日のご祈祷のみ、お護摩のご祈祷
午前10:00、11:00  午後1:00、2:00、3:00の5回

*8日が土日等に重なる場合は、午前のご祈祷は10:30の1回

・ご祈祷料

1回  5,000円
1週間 10,000円
1ヶ月以上  30,000円

・癌封じ薬壺御守:1000円
・がん封じ御守:500円

<御朱印>

・受付時間:午前8:30 ~ 午後5:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒600-8415 京都市下京区因幡堂町728

<アクセス>

・地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩約5分
・阪急京都線「烏丸駅」から徒歩約6分
・京阪本線「清水五条駅」から徒歩約16分
・京都駅から市バス「烏丸松原」よりすぐ

<寺務所受付時間・連絡先>

午前8:30 ~ 午後5:00

・TEL:075-351-7724

<公式サイトURL>

https://inabado.jp/

 

【奈良県の癌封じ寺(奈良市)】大安寺

大安寺 引用元:天空仙人の神社仏閣めぐり

「大安寺」は、聖徳太子が平群郡へぐりぐん熊凝精舎くまごりしょうじゃ(仏教修行の道場)を創建したことに始まったとされる我が国最初の官立寺院(経済的保障を与えられた寺院)です。

何度か名と場所を変え、平安遷都にともない、現在の地で「大安寺」と称されるようになりました。

創建当時は、僧侶が修行のために滞在する迎賓館の役割を果たし、また悪病難病封じを担っていたことからも、癌封じの寺として信仰を集めてきたそうです。

 

ご本尊である「十一面観音立像」は、癌封じ・病気平癒にご利益があるとされ、大安寺彫刻群の中でももっとも優美な仏像といわれています。

また、こちらの「十一面観音立像」は、重要文化財であり、特定の期間以外は公開されていない、秘仏となっていて、毎年秋に特別公開が実施されます。

「大安寺」で行われる癌封じや病気平癒などのご祈祷は、丁寧な祈祷が受けられるととても人気があるとか。

特に病気平癒の一年祈祷は、手術や検査がある時に電話をすればその日にご祈祷してもらえるということで、手厚い対応が心強いですね。

 

境内には、立派な竹林がありますが、高齢で天皇に即位し、73歳まで在位されたという「光仁天皇」が、その竹を割りお酒を注いで飲んだという伝説があるとか。

「光仁天皇」にあやかって悪病難病を封じ、無病息災、健康に過ごすことを祈るお祭りが「笹酒祭り」です。

現在は1月23日の「光仁会(がん封じささ酒まつり)」、6月23日の「竹供養(がん封じ夏祭り)」とともに、癌封じの祈願と併せて行われていることから、毎年1万人を超える参拝者で賑うイベントとなっています。

もしご都合が合えば、こちらのお祭りに合わせて訪れるのも良いですね。

 

<ご利益>

癌封じ、病気平癒、無病息災など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00~午後3:30
※年中無休(但し12月31日は迎春準備のため休み)

・ご祈祷料
一座祈祷 3,000円(がん封じ祈祷(ご健康な方)に限る)
一年祈祷 5,000円
特別祈祷 10,000円
護摩特別祈祷 30,000円

*なお、ご祈祷、お守りは郵送にて対応していただくことができるそうです。

・がん封じ御守:500円
・病気平癒御守:500円
・がん封じ竹念珠:1000円
・がん封じ水晶念珠:2000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後4:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒630-8133 奈良市大安寺2-18-1

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・最寄駅:JR奈良駅・近鉄奈良駅より
大安寺行・シャープ前行・白土町行バス乗車
「大安寺」バス停下車、徒歩約10分

■車をご利用の方:

・国道24号線「柏木町交差点」よりまたは、県道754号線(旧24号線)大安寺南交差点より

*無料駐車場:数十台程度

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後4:00

・TEL:0742-61-6312
・FAX:0742-61-0473

※年中無休(但し12月31日は迎春準備のため休み)

<公式サイトURL>

http://www.daianji.or.jp/

 

【岡山県の癌封じ寺社(真庭市)】玉泉寺

玉泉寺 引用元:たびおか-旅岡山・吉備の国-

玉泉寺ぎょくせんじは、高野山真言宗の末寺(本寺に付属する寺)で、関西地方で有名なガン封じのお寺

四季折々の花に囲まれ「花の寺」としても知られています。

創建されたのが1183年平安時代後期ですが、当時からガン封じ・厄除けの寺として有名だったそうです。

今でもン封じ、病気平癒、厄除けの祈願寺として一年を通して日本全国から多くの参拝者が訪れます。

近年は、そのお礼参りに来られる方も多くいらっしゃるとか。

 

「玉泉寺」には、ご本尊「大日如来」を中心に、厄災を祓うご利益が強いとされる「不動明王」、医薬の仏である「薬師如来」がまつられています。

また、ご祈祷は、悪い因縁・因果(体質・血筋)を断ち切り封じるという秘法により行われてきたそうです。

癌に関するご祈祷は、「癌にならないように」、「癌からの回復」、「手術の成功」、「再発・転移の防止」など、様々な状況に応じた祈祷を行ってくださいます。

 

「玉泉寺」の参道の階段は、実は厄除け坂になっています。

下半分の33段は、女性の厄除け、上半分の42段は男性の厄除け。

こちらを一段ずつ登ると、四国八十八ヵ所霊場を巡ったと同じご利益も授かることができるそうです。

 

<ご利益>

ガン封じ、病気平癒、厄除けなど

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00〜午後3:00

・ご祈祷料:

普通祈願 3,000円
1週間祈願 5,000円
1ヶ月祈願 10,000円
半年祈願 30,000円
1年祈願 50,000円

*ご祈願のお申込みは、電話・FAX・インターネットにて
(ホームページご祈願フォームあり)

・癌封じセット(お札、お守り):2,000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後3:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒717-0101 岡山県真庭市鉄山857

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・最寄駅:JR西日本姫新線「中国勝山」駅にて下車
中鉄バスもしくはタクシーを利用

■車をご利用の方:

・米子自動車道「湯原IC」から約20分

*無料駐車場:20台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00〜午後5:00

・TEL:0867-56-2366
・FAX:0867-56-3288

<公式サイトURL>

http://www.gyokusenzi.or.jp/

 

【山口県の癌封じ寺(山口市)】保寧山瑠璃光寺

瑠璃光寺 引用元:今、出発の刻(たびだちのとき)

瑠璃光寺るりこうじは、京都の醍醐寺、奈良の法隆寺とともに、国宝で日本三名塔のひとつとされる五重塔が有名な曹洞宗のお寺。

整備された境内は香山公園として「日本の歴史公園百選」にも選ばれ、人気の観光スポットでもあります。

ご本尊は、医薬の仏とされる「薬師如来」

病気を平癒し、心身を健康に保ってくださる仏様として信仰を集めています。

 

境内には、心願成就・ガン封じ・ぼけ封じにご利益があるとされる「水かけ地蔵」があります。

様々な願いごとの柄杓ひしゃくが置いてあるので、自分の願いに合わせて柄杓を選び水をかけて祈願しましょう。

また、悪い因縁、病気、縁談、不幸などに見切りをつけたいと願う人々のために、身代わりになってくださるという「身代わり地蔵」も。

身を切ってお救いくださる有り難いお地蔵様は、お身体が2か所、横に切ってあることから「見切り地蔵様」とも呼ばれています。

個人向けのご祈祷は受けつけていないようですが、観光を兼ねて「薬師如来」のご利益を授かりに参拝してみてはいかがでしょうか。

 

<ご利益>

ガン封じ、ぼけ封じ、心願成就など

<ご祈祷&お守り>

病気平癒守:600円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00~午後5:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒753-0081 山口県山口市香山町7−1

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・最寄り駅:JR「新山口駅」からバスに乗車(約30分)
「県庁前」バス停下車徒歩約10分

■車をご利用の方:

・中国自動車道「小郡IC」から約20分

*無料駐車場:100台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前9:00~午後5:00

・TEL:083-922-2409

<公式サイトURL>

なし

 

【高知県の癌封じ寺(室戸市)】龍頭山光明院 金剛頂寺

金剛頂寺 引用元:ニッポン旅マガジン

土佐湾につき出した岬に建つ金剛頂寺こんごうちょうじは、平安時代の807年に、弘法大使空海が開山したと伝わる真言宗のお寺。

現在では、四国のお遍路(四国八十八箇所霊場)の第26番札所として、日本全国から多くのお遍路さんや参拝者が訪れています。

重厚で風格のあるご本堂にまつられるご本尊は、弘法大師自らが刻んだ「薬師如来」。

薬壺やっこを持ち病気を治す仏様とされ、薬壷には体の病、心の病、社会の病を治す薬が入っているとされています。

また、宝物を納める「霊宝館」には、弘法大師が背負って歩いた旅壇具たびだんぐや、阿弥陀如来座像、観音菩薩像、真言八祖像、経典、密教法具などたくさんの国の重要文化財が保存されています。

 

境内には、「一粒万倍の釜」と呼ばれる大きな赤く錆びた釜があります。

この地の人々が、飢えに苦しんでいた時、弘法大師が3合3勺の米を入れて炊いたところ、万倍にも増え人々を助けたといわれる伝説の釜です。

その横にあるのが、「がん封じの椿」というご霊木。

椿の木は、すでに枯れてしまっているのですが、現在では、幹がまつられています。

こちらの幹に付いているコブが、まるで腫瘍のように見えることが「がん封じの椿」と呼ばれるようになった由来とか。

撫でるとがんを封じることができるとされ、健康を取り戻すご利益のあるそうなので、参拝に訪れた際にはぜひ、撫でながら祈願しましょう。

 

<ご利益>

癌封じ、病気平癒、厄除けなど

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前7:00〜午後5:00

・ご祈祷料:志納(基本5,000円)

*予約制ではありませんが、不在の時もあるそうなので事前にご連絡することを
おすすめします。

・がん封じ椿守:500円

<御朱印>

・受付時間:午前7:00〜午後5:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒781-7108 高知県室戸市元乙 523

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線「奈半利」駅下車
高知東部交通バスに乗車し「元橋」バス停にて下車、徒歩約20分

■車をご利用の方:

・高知自動車道「南国IC」から約1時間30分

*駐車料金:有料、普通車200円

<寺務所受付時間・連絡先>

午前7:00〜午後5:00

・TEL:0887-23-0026

<公式サイトURL>

http://kongochoji.jp/

 

【島根県の癌封じ寺(出雲市)】醫王山一畑寺(一畑薬師)

一畑寺 引用元:skyticket

出雲の一畑山の山頂に鎮座する一畑寺いちばたじ」、通称「一畑薬師」は、お寺に伝わる神話から、目のお薬師さまとして有名です。

開山は平安時代の894年と歴史がある臨済宗のお寺で、全国に約50の分霊所がある一畑薬師教団の総本山。

漁師の与市が、日本海から引き上げた「薬師如来像」をご本尊としておまつりしたところ、母親の目が開いたり、戦国の世に小さな幼児が助かったことから、「目の薬師」「子供の無事成長の仏さま」として信仰されてきました。

また、古くから「薬師如来」は、医薬の仏とされ、眼病平癒はもちろん、諸病の平癒、家内安全などに霊験あらたかなご利益を授かれると、多くの方が参詣に訪れます。

癌封じや癌平癒を願うとともに、目をよい状態に保てるよう祈願されるのも良いですね。

 

ご本堂へ続く1300段以上ある石段に並ぶ108基の灯ろう、8万4千体の仏像が納められている「八万四千仏堂」、ご本堂の脇にずらりと並ぶ「十六羅漢」が見どころとなっています。

「十六羅漢」とは、お釈迦様の特に優秀な16人の弟子で、お釈迦様の教えを伝える高僧です。

「一畑薬師」では、古くから万病に効くお茶と親しまれていた「お茶湯」があります。

境内の茶畑で採れた番茶を、一畑山から湧き出るご霊水を使って淹れたもの。

飲用したり、目につけて洗ったり、神棚にお供えしご利益をいただく信仰のお茶です。

毎朝お薬師様にお供えしたお茶湯は、専用の徳利に入れて持ち帰るのが昔からの伝統となっています。

 

<ご利益>

眼病平癒、病気平癒、厄除け、家内安全、良縁、安産、受験合格、商売繁盛、祖先供養、水子供養など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00~午後3:30

・ご祈祷料:3,000円〜

*事前の予約は必要なし(受付はご祈念時間の10~15分前)
郵送でのご対応あり

・病気平癒(びょうきへいゆ)守り:900円
・眼身守(がんしんまもり):900円

<御朱印>

・受付時間:午前8:30 〜午後5 :00
・御朱印代:300〜500円

<住所>

〒691-0074 島根県出雲市小境町 803番地

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・最寄り駅:一畑電車北松江線「 一畑口駅」

「一畑口駅」から平田生活バス「一畑薬師下車」徒歩5分

■車をご利用の方:

・山陰道「宍道IC」より国道431号線経由約30分

*無料駐車場:200台

<寺務所受付時間・連絡先>

午前8:30 〜午後5 :00

・TEL:0853-67-0111
・FAX:0853-67-0115

<公式サイトURL>

https://ichibata.jp/

 

【福岡県の癌封じ寺(小郡市)】清影山如意輪寺

如意輪寺 引用元:Gigazine

如意輪寺にょいりんじは、小郡市で一番古い真言宗のお寺で、729年に奈良時代の高僧である行基によって開創されたと伝わります。

境内の至る所にかえるの置物が5000体以上も置かれていることから、かえる寺としても親しまれているとか。

お堂はいつもオープンにされているため、誰でも気軽に入ることができ、ご本尊の
「如意輪観音立像」を拝むことができます。

普通は座っているお姿が一般的ですが、こちらの観音像は全国でも珍しい立ったお姿の像が。

また奥には、12年に一度の開帳ため普段は見ることができない秘仏の「木造如意輪観音立像」が安置されています。

平安時代の作と伝わり、現在は福岡県の指定有形文化財とされているそうです。

 

ご本堂のとなりには「癌切り不動明王」がまつられています。

不動明王は悪を絶ち仏道に導くことで救済するとされ、「疫病退散の守護神」として信仰をあつめてきました。

癌を切るということから、癌封じ、手術の成功や手術後の回復を祈願するために、
全国から多くの方が訪れるそうです。

参拝の手順は、まず大きなかえるの像に直接マジックでお願いごとを書きます。

そのあとに、悪い所をさすって、「癌切り不動明王」にご祈願

手術や入院からかえる(帰る)こと、運気をかえる(変える)ことをお祈りする方が多いとか。

また、「如意輪寺」には、カエルにまつわるご利益が得られるスポットがたくさんあります。

「カエルの輪くぐり」の輪をくぐると、若がえる、元気がかえる、笑顔がかえるなど悪いことを良いことにかえるそうですよ。

ぜひ、カエルにも癒されながら訪れてみてはいかがでしょうか。

 

<ご利益>

癌切り、ボケ封じ、金運、恋愛成就、学問向上など

<ご祈祷&お守り>

・受付時間:午前9:00〜午後5:00

・ご祈祷料:志納

*電話にて要予約

・癌切り不動明王守り:1,000円
・お札:1,000円

<御朱印>

・受付時間:午前9:00〜午後5:00
・御朱印代:300円

<住所>

〒838-0105  福岡県小郡市横隈1728

<アクセス>

■電車をご利用の方:

・西鉄天神大牟田線「三沢駅」下車、徒歩約15分

■車をご利用の方:

・中国自動車道「小郡IC」から約10分

<寺務所受付時間・連絡先>

午前8:00〜午後5:00

・TEL:0942-75-5294
・FAX:0942-75-2983

<公式サイトURL>

なし

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

紹介させていただいた神社は近くにありましたか?

癌封じや病気平癒祈願の参拝は、ご本人だけでなく、ご家族やご友人が闘病している場合にもおすすめです。

仏様にお祈りしたり、ご祈祷していただいた癌封じのお守りを渡すことで、きっと強い心の支えとなるのではないでしょうか。

また、たとえ今は病をわずっていなくても、仏様のご加護のもと心穏やかに毎日を過ごし、健康を保ちたいものですね。

おすすめの記事