伊和神社、神社©2019 仰木一弘 wih LeicaQ伊和神社、拝殿©仰木一弘 wih LeicaQ

「伊和神社」は、総氏神様と崇められ、この地を拓いた「伊和大神(大己貴神おおなむちのかみ)」がまつられています。

縁結びの神、農・工・商業など産業の神、福の神、病気平癒の神として知られ、様々なご利益を授かれるパワースポットとして多くの方が参拝に訪れます。

53,000平方メートル(約16,000坪)もの広さを誇る境内。

国道から一歩、美しい木々に囲まれた深い森に入ると、神秘的な雰囲気に包まれ一気に別世界へ。

境内の中でも、社殿が目の前に広がる参道、ご本殿裏にある創建伝承に関わる霊石鶴石」は、特に強いエネルギーが感じられる場所とされています。

また、「夫婦杉」や「乙女の泉」など見どころも満載です。

国道をはさんで隣接する「道の駅播磨いちのみや」も人気スポットとなっています。

 

【ご利益】様々なご利益を授け「物事をはっきり決めたい」ときには導いてくださる

ご祭神である大己貴神おおなむちのかみ」は、播磨国はりまのくに(現在の兵庫県南部)開発の祖神であり、縁結びの神として有名です。

また、農・工・商業など産業の神、福の神、病気平癒の神等としても知られています。

そのため、縁結び・商売繁盛・開運・厄除け・交通安全・病気平癒・安産など、様々なご利益を授かりに、毎年多くの参拝客が訪れます。

さらに、「物事をはっきり決めたい」、「自分自身が変わりたい」など決断したいときには、導いてくださるそうです。

 

伝説が残る「鶴石」は一番強いエネルギーを感じられる場所

ご本殿裏には、「伊和神社」の社殿が北向き(全国的に珍しい)に建てられる由来となった霊石「鶴石」があります。

「鶴石」は降臨石とも呼ばれ、「伊和神社」で一番強いエネルギーを感じられる場所です。

伝承によると播磨国はりまのくにの豪族「伊和恒郷」へ「大己貴神おおなむちのかみ」から「我をまつれ」とのお告げがあったとされます。

お告げの後一夜にして、杉やヒノキが突然生い茂る聖地となり、多くの鶴が舞い、白鶴二羽が石の上に北向きに眠っていました。

それを目にした「伊和恒郷」は、社殿を北向きに建立したといわれているそうです。

参拝の際はぜひ、ご本殿裏にも足を運んで強いパワーを感じてみましょう。

 

夫婦円満をご祈願するパワースポット「夫婦杉」

広大な境内には、500本を超える杉の木があるそうですが、その中でも圧倒的な存在感がある「夫婦杉」

1つの根から2本の杉の木が生えていて、それぞれの幹の太さが約5.5メートルとほぼ同じ太さという不思議な木です。

高さは45メートルほどあり、二本の杉が仲良く寄添って天に伸びている姿には、神秘的な雰囲気が漂います。

夫婦円満をご祈願するパワースポットとして注目されているそうです。

 

隠れた見どころとされる「乙女の泉」

ご本殿北側の森の中には、「乙女の泉」と呼ばれる像と、その前に「心」という形の小さな池があり、「伊和神社」の隠れた見どころとされています。

「乙女の泉」は、着物を着た二人の少女の像で、大きな岩の台座には、「伊和神社」の宮司「安黒義郎氏」が建てたという文言が刻まれています。

さらに、見どころとされるのは、「乙女の泉」を囲むように左右と後ろにある3つの岩石群です。

これらは、磐座いわくら(神が宿る岩石または社殿ができる前の祭祀・儀式を行う場所)
として置かれていたとも考えられるそうです。

 

【所在地・アクセス】国道29号沿いに位置する

<所在地・電話番号>

〒671-4133 兵庫県宍粟市しそうし一宮町須行名すぎょうめ407
TEL:0790-72-0075

 

<アクセス>

電車をご利用の方:

・JR山陽本線「姫路駅」北口の神姫バスにて「山崎バス停」下車(約60分)

・「山崎バス停」にて乗り換え「一宮伊和神社バス停」下車(約30分)徒歩約3分

*路線バスは運行数が少ないため、車での参拝がおすすめです。

 

車をご利用の方:

・中国自動車道「山崎IC」から国道29号を北へ約15分

*無料駐車場:約180台収容

 

【ご祭神・ご由緒】播磨で国づくりを行ったとされる「大己貴神」をまつる

【ご祭神】

<主祭神:大己貴神おおなむちのかみ

別名は「大国主命おおくにぬしのみこと」。
その他にも様々な名前をお持ちの神様です。

大己貴神おおなむちのかみ」は、こちらでは「伊和大神」と同一神とされ「播磨国風土記」によると、播磨で国づくりを行ったとされます。

その後、現在の「伊和神社」がある場所で鎮まり、神社が建立されて人々の信仰の対象となりました。

 

<配祀神:少彦名神すくなひこなのかみ

一寸法師のモデルともいわれています。

大己貴神おおなむちのかみ」に協力し、国造りや国土開発、農業普及などをされた神様です。

 

<配祀神:下照姫神したてるひめのかみ

大国主命おおくにぬしのみこと」の娘とされています。

 

【ご由緒】

社伝によると、大己貴神おおなむちのかみは播磨各地を巡って国造りを行い、最後に伊和里に辿り着いたとされます。

そのときに、我が事業は終わった「於和おわ」という言葉を発してこの地にお鎮まりになりました。

人々がそのご神徳を慕い社殿を築いておまつりしたのが「伊和神社」の始まりとされています。

また一説には、西暦144年(成務天皇14年)または、西暦564年(欽明天皇25年)のこと、播磨地方の豪族であった「伊和恒郷」が大己貴神おおなむちのかみ」から「我をまつれ」とのお告げを受けたことで「伊和神社」が建立された伝わります。

 

平安時代にまとめられた延喜式神名帳えんぎしきじんみょうちょうには、「伊和坐大名持魂神社いわにいますおおなもちみたまのかみやしろ」の名で記されています。

また、「わたつみ神社」(兵庫県神戸市)・「粒坐天照神社いいぼにますあまてらす」(兵庫県たつの市)とともに播磨三大社に数えられています。

 

【社務所受付時間】

午前9:00〜午後4:00

*新型コロナウイルスの影響で流動的なため、事前に電話で確認することをおすすめします。

 

【御朱印】

・社務所にて:午前9:00〜午後4:00
・御朱印代:¥300(現在は書き置きにて対応)

 

伊和神社 御朱印 by.仰木一弘

 

【主な祭礼】

例祭 秋季大祭

10月15日・16日

例年15日に例祭、16日に神幸祭と2日間にわたり秋季大祭が行われます。

見どころは、神幸祭に行われるきらびやかな5台の屋台による練り合わせ

練子衆の勇ましく力強いかけ声、太鼓の音が境内に響き渡ります。

神様のご加護への感謝と、豊かで平和な世の中への祈りを捧げるお祭りは
毎年たくさんの参拝客でにぎわいをみせるそうです。

 

まとめ

ご祭神「大己貴神おおなむちのかみ」が播磨各地を巡って国造りを行い、最後に辿り着いた地に創建されたと伝わる「伊和神社」。

そのご神徳により、古来より農・工・商業など産業の神、縁結びの神、福の神、病気平癒の神として崇敬されてきました。

深い森の中にあり、参道が美しい木々に囲まれている「伊和神社」は、一歩境内に入ると神秘的な雰囲気に一気に包まれます。

約5万平方メートル以上の広大な境内には、伝説が残る本殿裏の「鶴石」をはじめ、夫婦杉、乙女の泉など見どころが多く点在します。

様々なご利益を授かりたい、物事をはっきり決めたいときには、パワースポット「伊和神社」を参拝して、ぜひパワーをチャージしましょう。

 

おすすめの記事